明けましておめでとうございます。
  新年、明けましておめでとうございます。


2012年、マヤの暦がどうのとか、色々言われている年ではありますが、
皆が穏やかに暮らせるような良い年になりますように!


ところで、昨年からとても気になっていた、とても可愛い達磨さんを、
元旦に松本まで出かけて買って来ました。
丸いほっぺとなまこ眉がなんとも愛嬌があって、愛着を覚えるのは私だけでしょうか?

だるま  松本の深志神社の達磨さんです。
今年一年よろしくお願い致します!
カテゴリ:サリーの日記 | 14:33 | comments(0) | -
今年もお世話になりました。
  2011年も今日で最後になりました。
今年も様々なイベントや講座にお招き頂き、多くの方と出会えたこと、心より感謝致します。
大きな災害があり、世界の情勢も不安な一年だったと思いますが、迎える新しい年は
すこしでもこころ穏やかに過ごせる年になればいいと願います。
 
 そこで、一年の最後の日に振り返ってみます。
いつも講座の終わりに思うことですが、「今日皆さんは楽しんでくれたのだろうか?」
今年一年、人の役にたてたのだろうか?
 「仕事」というものは「人の役に立つこと」 それが本当に役に立った場合、その報酬がもらえ
次回へと続くものと考えます。
今自分が行っていることが人を喜ばせ、少しでも役立てたのだとしたらこんな嬉しいことはないでしょう。「生きがい」と言うものはそこに見つかるのでしょうね。
今、私はアロマセラピーというものに出会えたことで、毎年色々な方と出会い、楽しい時間を共有することが出来、やりがいを感じて頑張れることに本当に感謝しています。
来年もどんな方々と出会えるのか、そしてその方達に何か心に刻めるものを残せますように、しっかり勉強をしてゆきたいと思います。

 先日一年の疲れ休めに出かけた温泉で、とてもかわいい「七福神」に出会いました。
あまりにかわいいので写真に収めてみました。
弁財天  弁財天
寿老人
              寿老人
毘沙門天
             毘沙門天
福禄寿  福禄寿
布袋  布袋
恵比寿
             恵比寿
大黒天  大黒天

写真の写りはあまり良くないのですが、とてもかわいいでしょ。
来年も良い年になりますように!

ピュアでは1月23・24日に「ワークショップ vol.2」を開催致します。
詳しくは「イベント」のページをご覧下さい。

   




 
カテゴリ:サリーの日記 | 13:26 | comments(0) | -
夏の日の思い出
  今年はなんてこんなに暑いんだろう!

と、多分去年も同じことを言っていたのだろうか・・・


窓の外に見えるひまわりがとっても元気に咲き誇っている。
本当に植物は偉いね! 彼らだってさぞかし暑いのでしょうに、それでも頑張って咲いている。
なんて思いながらパソコンに向かっている 

昨日の夜は、ひさしぶりにいとこ達と会食をした。
ひとつ違いづつの、おとなの女子会4名。
子どもの頃、夏休みと言えば決まってこの4人は一緒にいた。

あれはいくつの時だったんだろう・・・多分みんな小学生だったのだろうと思う。
母の実家が小布施町で、いとこのうち2人はそこに住んでいた。
丁度迎え盆の時だ。
岩松院(北斎の鳳凰の絵で有名)の裏の墓地へお参りをした帰り道。
左右に田んぼが広がる参道、他には誰もいない夕暮れの道を、2つの提灯の灯りをたよりに
寄り添うように4人で歩いていた。
ふとその時、はるか後ろの岩松院の方から読経の声が聞こえてくる・・・。
 「和尚さんがお経を読んでいるんだね」 「うん、そうだね」
「でもさ・・・お寺はかなり後ろだよ。ここまで聞こえる?」  
 
「ねえ、あそこ見て!!」  岩松院のうしろの雁田山の方向に、ゆらゆらとたなびく数個の光
「何あれ〜!

あわてて走り出した途端に提灯の灯りが消えた!  辺りはもうすっかり暗くなって、足元もおぼつかなく。多分、外灯なんてあったのかなぁ〜 無かったかもしれない。
残った提灯で消えた灯りを付けようとしてもなかなか思うようにいかない。
益々響き渡る読経の声。  田の上を吹き渡る風がなんだか生ぬるいような・・・・

それから4人夢中で走って家に帰って来たのは言うまでもない。
そんな夏の日の思い出を語り合った夜であった。

本当に、あの光は何だったのだろう? 読経の声もどうしてあんなに大きく聞こえたのだろう?







カテゴリ:サリーの日記 | 17:29 | comments(0) | -
「大人の文化祭」に参加しました!
  6月11・12日、エムウェーブで開催された「大人の文化祭」
今年のテーマは「体験」ということで、様々なカルチャー体験ができるブースが用意されました。
 ピュアでも「こころを動かすアロママジック」というタイトルで、コーナーを受け持たせて頂きました。


11日土曜日は朝から小雨が降り続き、出足はどうかなぁ〜なんて気にしながら会場入り。

エムウェーブに近づくに連れて増える車の量から、そんな心配はまったく不要と思い知らされ、
無事会場地下Pに到着。
昼近くに着いた時には、すでに大勢のお客様が集まっていました。
カルチャーの始まりまで時間があったので会場をウロウロ
たっち」の二人に出会いましたよ!  
「写真いいですか?」の声に、快く答えてくれたお二人です。 「かわいい!」   



およそ20件を超えるカルチャーは、デコバージュー・押し花・絵手紙など、様々な種類があって、
どれも楽しそう!
多くの大人たちが取組んでいました。

 「アロマセラピー」のテーブルは、このジメジメした梅雨の時期を快適に過ごして頂くために、気分をすっきりさせるペパーミント、不眠解消のためとラベンダーやカモミール、虫除け効果も考えてレモングラスなどなど・・・様々な植物の香りに包まれています。



みなさん思い思いの香りをブレンドして、自分だけのエアーフレッシュナーを作られ、とても満足されたようです。
やはり香りは人を幸せにするんですね

これを機会にアロマセラピーを日々の生活に活用して頂けたら思います。

アロマセラピーは少しの精油さえあればとても手軽に楽しめるものです。
精油も種類によってはとても高価なものもありますが、3mlや5ミリmlなど少量のものでしたら、決して手が届かないものではありません。
アロマポットで焚く、お風呂に入れるなど様々に使えますが、やはり一番使用頻度があるのがエアーフレッシュナーだと思います。
車の中、玄関、トイレ、居間、寝室、ゴミ箱の消臭なだ、用途に応じていくつも作り置きをしておくと、そのシーンに合わせて楽しむことができます。
精油を溶かすアルコール水のパーセントなども用途により多少変わってきますので、詳しくはショップへお問合せください。
アロマの香りで快適に梅雨を乗りましょう!



カテゴリ:サリーの日記 | 13:27 | comments(0) | -
こんなところにもアロマ?!
  一瞬鼻孔をくすぐった覚えのある香り

「みかんの皮のような香りがするでしょ」・・・と先生の声
ここは歯科医院。

数年前に治療した歯がまた痛み出した。疲労が重なって、体が弱っているかなぁ〜と
自分で感じる時には、必ずと言って良いほどその歯が痛み出す。
 
少し暇ができて調子が戻ると痛みは引くんだけどね、そのまま放っておくのはよくないと、
久々に歯科医をおとずれる。
だいたい歯科を訪れるにはかなりの年月の間隔があるので、その都度技術の進歩に
驚かされるものだ。
子供の頃のように、「怖く」は無くなったね。
痛みを感じることも殆ど無いし、第一先生がやさしい (たまたまか?)

で、今日の治療ですが、過去の詰め物を取ろうとする際に流れてきた香りがなんと、「オレンジ」
のかおりではないですか!

詰め物を溶かすための薬ですよ・・・と先生。
歯科医の薬の中で唯一良い香りですね とおっしゃる。
そうかぁ〜ここでもオレンジの精油が使われていたのかぁ〜
歯科医といえばクローブの消毒薬ばかりを意識していたけれど、オレンジも使うのね。
リモネンの力恐るべし! と思った今日でした。



カテゴリ:サリーの日記 | 17:15 | comments(0) | -
こころを落ち着けよう
 東北地方太平洋沖地震で被災されたみなさま、ご家族の方々に、
謹んでお見舞い申し上げます。

被災地の一日も早い復興を、切に祈っております。

あまりにもショックな出来事にしばらくどうコメントしたら良いのか戸惑ってしまいました。
3週間が過ぎるまでの間に起きていること、毎日報道されるTVの映像や特番に、本当に
心が痛みます。

アロマセラピーに携わる今の自分に出来ることは、と考えてみるものの、せめて義捐金を送ること、
節電を心がけること、そして毎日を普通に生きられることに感謝することだと思います。
 
とは言え、震災の直接の被害は無いとしても、少しづつ私達の生活にも影響が出始めています。
物不足や不安感など・・・デマにさえも敏感に反応してしまう人もいますし、各地のイベントやお祭が
自粛されています。
新規に始まるカルチャーも、「とてもカルチャーという気分になれない・・・」ということでしょうか、
反応がすっかり止まっています。
確かに、被災地の方々のことを思えば自分だけ楽しんでいてはいけないような気分にもなりますが、
皆が落ち込んでしまっては日本そのものがダメになってしまいますよね。
普通に過ごすこと、むしろイベントなどは積極的に開催し、収益を義捐金に回すような取り組みが行われる方がよいのではないかと考えます。


心が不安になってしまうこんな時、植物の香りを利用してみませんか?
自分自身をしっかり持てるように、香りを身近に置いてみましょう。
エッセンシャルオイルの香りは自分のこころの奥に届いて、見つめ直す手助けをしてくれます。
こんな非常時だからこそ、自分自身の頭で落ち着いて物を考えられるようにしましょう。
どの香りでもいいのです、自分が好きな香りを嗅いでみてください。
冷静になって、ひとり一人が出来ることをしっかり行っていきましょう。




カテゴリ:サリーの日記 | 18:52 | comments(0) | -
やっぱり芳香浴
  新年があけたと思ったら、いつの間にか2月に入っていました。
そう言えば「バレンタインディ」の話題が耳に入ってきています。

今朝は一面雪景色 
駐車場の雪かきから一日が始まります。  日中は日が当たって雪も解けたというのに、夕方からまたまた当たりは真っ白
雪はもういいよね・・・という感じで  寒い!

こんな日はアロマポットでオレンジの精油をたいて見ましょう
あたたかい太陽の日差しのような甘くスィートな香りが、こころをやさしく包んでくれるような気がします。
また、オレンジの香りは空気中の細菌を抑制する働きがあります。寒さで締め切ってしまう時期ですから、こんな香りで芳香浴がおすすめです。
特に夜
おやすみ前のオレンジは、副交感神経を優位にして質の良い眠りへと誘ってくれますよ。

インフルエンザも流行していますね。花粉症も今年は心配です。
今から、体の調子を整えておきましょう。 ユーカリやローズマリーの芳香浴をお勧めします。
アロマポットや、最近は様々なデヒューザーがありますので、お気に入りのものを見つけて楽しんでみてください。

カテゴリ:サリーの日記 | 18:02 | comments(0) | -
へぇ〜そう言うんだぁ
  最近は何でも格好よく和製英語(たぶん…)にしてしまう傾向があるように思うんだよね。
今日もふたつ覚えました。
「サロネーゼ」「ダンシャリアン」

何?って感じだけど、説明を聞けば「なるほど〜」


「サロネーゼ」とは、アロマ、フラワー、料理、ヨガなどのサロンや教室の開設・開講に、主に自宅を利用する主婦達の総称なんだそうです。現代の女性のライフスタイルのひとつとしてNHKテレビで紹介されたとのこと。
まさにアロマコーディネーターにはピッタリの仕事の仕方だと思える。さしずめ私も「サロネーゼ」?
(ちょっと違うんだけど・・・

「ダンシャリアン」は最近話題の「断捨離」を実行している人たちを言うらしい。
そこは出来ているとは言いがたいかなぁ〜  なかなか捨てられないし・・・

そうそう、少し前にNHKだったかな? 「ウーマノミクス」なんて言葉も紹介されていた。
女性が働きやすい職場で、女性の生活行動を考えて、新しい経済を生み出すこと。従来の男性中心の考え方から、より機能を上げた商品を作り出すことだとか・・・。
ノンアルコールビールなんてのも女性のアイデアらしい。
確かにこれは男性には思いつきにくいかも。

女性達頑張っていますね! 自分の周りの女性達も皆さんそう。
私としては、折角アロマセラピーを通して出会った仲間達が大勢いるわけですから、皆の力をあわせて、もっと社会に発信して行けたらいいなぁ〜と、日々考えているわけで
とは言え、考えることと実行することでは大きな開きがあって、実に難しいと思う今日この頃のサリーでした














カテゴリ:サリーの日記 | 18:49 | comments(0) | -
一年がおわります。
  早いもので、あと2日で一年が終わろうとしています。
みなさんにとってはどんな一年だったでしょうか?

サリーとしては、ことしもバタバタとあわただしく過ぎてしまったようにも感じます。
ひとつ嬉しかったことは、、TVや新聞記事として、アロマセラピーの「認知症」への効果が鳥取大学医学部の教授の研究成果として発表されたことです。
そのせいか、暮れになって医療関係や福祉関係の仕事をされている方々からアロマについてお問合せを頂いたり、実際に精油やデフューザーを購入頂くことが増えました。
さて、どの程度の効果がでるものやら、これからが楽しみです。きっと色々と報告が聞けるかと思います。

きっとアロマはこれからもっと医療や福祉の場面で使われてゆくこととなるでしょう。
私達アロマコーディネーターは出来る範囲は限られているかもしれませんが、もっともっと体や病気のことについても学んでゆく必要があるように思います。
さて、来る新しい年には、また新しいことを学んで、ステップアップしてゆきたいと思います。
一年ありがとうございました。
また、来年もよろしくお願い致します。  サリー   
カテゴリ:サリーの日記 | 16:40 | comments(0) | -
須坂病院の病院祭
 ちょっと曇り気味の天気曇り
とはいえ、10月の終わりにしてはまだそれ程に寒くもない秋の一日。今日は「須坂病院の病院祭」にボランティア活動に出かけてきました。病院
 ピュアではもう5年位になるでしょうか。コーディネターを取得された仲間達と、病院祭に来られた方たちや病院のスタッフの方々に、手から肘までのハンドトリートメントをさせて頂いています。 パーラッキー

 

 今年も沢山の方がお見えになり、仲間達は大忙し・・・ たらーっ
今回初めて参加した仲間も、次から次と多くの方へのトリートメントをすることで、随分上達したようです。
目の前の席には様々な方が座られます。ご自身体調を崩して病院に通われている方、家族が入院しておられる方、みなさん疲れていらっしゃるんですね、「ストレス対応ブレンド」のオイルがとても人気でした。



 トリートメント中は目を瞑って本当にリラックスされる方、初対面の私達に色々お話してくださる方、アロマコーディネーターとしては、多くの方の生の声を受け止めることができ、とても嬉しい経験です。「ありがとう」と言ってお帰りになるみなさんに、こちらこそ心から「ありがとうございました」ポッ
と感謝の言葉を捧げたい、そんな気持ちでいっぱいの一日でした。



また、今回は手作り石鹸の販売やアロマカードなども楽しんで頂きました。
アロマセラピーに携わる者として、少しでも多くの方にアロマの楽しさ、その意味を理解して頂ける様に、これからも活動して行きたいと思います。ラッキー
いつか、病院のなかに、こんなトリートメントルームが出来たらいいなぁなんて願っています。
 病院の皆さん、お世話になりました。

カテゴリ:サリーの日記 | 21:41 | comments(0) | -
| 1/6PAGES | >>
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
カテゴリー
最近のエントリー
最近のコメント
月別
その他